急ぎ足の春

今年3月、平年よりも桜花(さくら)は早く咲きました。

当館、ありあけ正面玄関横の椿も 中旬から下旬にかけて、真っ白い花が満開となり、道行く人や入居者の方がたに見て頂いています。

 

昨年もその前の年も 花は少なかったけど・・・昨年の暮れより手を入れていきました。丈をつめ、無必要な枝、弱い枝など切り詰めていきました。

 

人も同様にありのままの姿で いらぬものをすて、必要なものを身につけて生きたいと思う今日この頃です。

今年は新たにつつじが植えられ、紫陽花が植えられています。

その時々に花を咲かせて、入居者の方がたの心のやすらぎになればと思います。

 

(清掃スタッフ 保坂)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です